介護でうつにならないために

今日は介護でうつにならないための
方法を書いていきますね

こんばんは
心理カウンセラーの渡邊です

介護でもうつになってしまうことがあることを
ご存じでしょうか?

自分も家族が退院後プチ介護をしておりますが
見えていたものがより見えてきています

自分の時間は有効に使っていく

休むときは自分もしっかり休む

自分もお出かけや趣味にも時間を
つかう

周りの人に現状を知ってもらって
サポートを得る
なかなか話すことができず孤立してしまう
人たちが多くいらっしゃいます

出来ないところは冷静に客観的にみて
出来る所は大いに共有して喜び合う

完ぺきを求めない、当たり前を求めない
イライラしている方はこのあたりを求めすぎてる可能性が
ありますので一瞬離れて自分を観てみてください

家族の時間を共有

感謝の言葉を述べる

楽しんでサポートする
楽しいわけがないと思いがちですが
やってみると色々と発見があって
楽しいですよ
物事の捉え方を少しずつマイナスから
プラスに捉えていけるようにしましょう

介護は大変なことばかりでは
ありません

人生の先輩・後輩という捉え方を
したときにその人の生きざま
人生が見えてきます

そんな学びと捉えるいい機会かも
しれません

一緒に自分のセルフケアをしていきながら
1日の流れを作っていきましょう

介護で悩まれてる方、疲れてしまっている方
ご連絡くださいね

あなたは一人ではありません

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました

くれたけ心理相談室仙台支部
渡邊 智

☆公式サイト☆
https://watanabe.counseling1.jp/
☆予約の申込み☆
https://watanabe.counseling1.jp/booking/

コメントを残す