【仙台】心理カウンセリング  渡邊智カウンセラー 公式サイト

渡邊智 プロフィール

心理カウンセラー  渡邊智(わたなべさとる)のご紹介

【資格・課程修了】
◎メンタル心理カウンセラー ◎上級心理カウンセラー ◎介護福祉士 ◎福祉レクリエーションワーカー

【趣味】
◎スポーツ観戦 カフェでまったりすること ウィンドウショッピング 読書 身体を動かすこと 旅行

【性格】
◎ゆったり、まったり ◎”相手から”話しやすい雰囲気を持っている ◎穏やか ◎優しい ◎イライラしない ◎親しみやすい

略歴

1989年 宮城県仙台市に生まれる
2007年 私立高校を卒業後、静岡にある国際関係の大学へ進学
(中学・高校はサッカーをしていました)
2010年 海外留学後、学生コーチとしてサッカーの指導者を始める
2011年 大学を卒業後、指導者として幼稚園から中学生の育成にあたる
2012年 都合により指導者を辞め、仙台に帰仙
2013年 介護の必要性を感じ介護の専門学校に入学
2016年 専門学校を卒業し、発達障害のあるお子様たちの指導員として働く
2018年 くれたけ相談室(仙台支部)開設
多くの人と出会いお話を聴き、様々な方々の支えを胸にカウンセラーとしてスタートさせていただきました

心理カウンセラーを目指した理由ときっかけ

高校では名門のサッカー部にいたこともあり、当たり前の事かもしれませんが失敗すると周りから言われ、その言われ方にストレスを感じて試合が楽しくなくなりました。

常に緊張しながらのプレーが続き、練習中も緊張状態、しまいには常に吐き気をもよおしたり嘔吐してしまったりと疲労を感じていました。その時、話を聴いてくれて心の疲労を取り除いてくれるカウンセラーがいたら、そう思ったのがきっかけでした。

私は、話を聴くことが好きですし話しやすい雰囲気もあります。一方で相手から強く言われたり注意されたりすると「自分はやっぱりダメなんだ」とまともに心に受けてしばらく引きずったり、頭が真っ白になったり、何も考えられず何も言えなくなる、そんな弱点もありました。

よりコミュニケーションを図り、知識や考え方を広げながら心の弱点を克服しようと大学へ進学しました。在学中には自分の弱点を克服しつつあった矢先、心の支えが必要だと感じる出来事が起こりました。家族内で精神疾患を患ったのです。起きられない、ご飯を食べられないといった、日常生活を送ることが困難な状況を実際に目の当たりにもしました。

見守ったり、声掛けをしたりとサポートを続け、少しづつ回復に繋がりました。このような体験を経てカウンセラーになりたいと強く思い、クライエント様のお話を傾聴し心に寄り添い、一緒に前に進み笑顔になっていただきたいと思うようになりました。

くれたけ総合窓口(受付時間 9:00 - 21:00) TEL 0120-03-5905 WEB予約は24時間受付中(土・日・祝日も開室)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい

PAGETOP